食器の行く末とは?買取or処分?

赤ちゃんが生まれたときの食器

赤ちゃんが食器を使用して食事を楽しむようになるのは、離乳食が始まる生後から半年前後の時期となります。そのとき、家にある大人用のサイズや素材の食器を使用しても支障がないこともありますが、注意点が数点存在します。まずは食器のサイズです。大きさが小さめで底があまり深くなく、すくいやすいように口が広めに作られている食器を選択するのが良いでしょう。何故かというと、赤ちゃんは大人と違い一回の食事の量がとても少ないために、小さな食器のほうが使用しやすかったり、赤ちゃんが大きくなるにつれて自分自身やで手やスプーン、またはフォークなどを使用いて食事を楽しむようになった際に、赤ちゃんにとって扱いやすい食器となるからです。小さな赤ちゃんにとって日常生活での食事は栄養の補給のためだけでなく、将来大人と同様に食事を出来るようになるためのレッスンも兼ねていますので、滞りなく食事することの出来る食器選びは大切だといえます。食器の材質にも気を配らなくてはなりません。食器のショップでは赤ちゃん専用としてお洒落かつ質の高い陶器の食器も売られていますが、赤ちゃんが食器を落下させてしまったりスプーンをぶつけてしまった際に、割れてしまい怪我をするといったケースも有り得るものとなります。そのため木うやプラスチックなど、割れにくい素材の食器を選択したいものです。

© 食器と買取と時々処分