食器の行く末とは?買取or処分?

食器のマナーやしきたり、並べかたなど

わたしたち日本人の大半の食べ物は、和食となります。しかし和食に使用される食器の並べ方にもしきたりがあり、どのような形に並べても許されるわけではないのです。和食であれば白米を左の手枚に、汁物であれば右の手前に置いておくことがしきたりとなっています。昔の日本では左側が上の位といった考えが存在し、貴重で大切であった白米を左側に置くようになったといわれています。お箸は箸の先が左側を向くように配置します。食事を楽しむ方がお箸を手に取りやすいようにとの配慮で左側に向けるようになりました。左の奥側は、基本的に手で持ち食べるものを配置するようにします。右側の億であれば手を使うことなく食べるものを置くように心がけましょう。一般的には奥側に置かれた食事は手で持ち上げることはいけません。手を差し出した時に手前などの食器に袖が触れてしまい。汚れてしまう危険があるからです。述べたしきたりは利き手が右の方のためにありますので、もし左が利き手の方であれば食器の配置を左右入れ替えることは問題ありません。

© 食器と買取と時々処分